Friday, 9 June 2017

午前の光



家の近くに、とても可愛い道がある。
れんが造りのこじんまりした家が並んだその狭い道には、
ねじれた小ぶりの木が一本あって、
その下で白猫がよくゴロゴロしていた。

ふうちゃんと通りがかる度に、
にゃにゃに会いにいこう、とその道を選んで帰っていた。

ある天気のいい日の午前中、
その道の、その木の下のベンチでその白猫と一緒に居る
女の人をみかけた。

あまりにも静かに過ごしているので、
わたしは自分が押していたベビーカーの音がとてもうるさく感じ、もう少しゆっくり歩くことにした。
白猫の他に茶色の猫もいた。
とても気持ちのいい太陽の光。
私とふうちゃんは足を止めて、猫たちにおいでおいでをした。

「この白猫はジョジョと言うのよ。」
 その女の人は言った。
 茶色の猫の名前も教えてくれたけど、なんだったっけ?

「この猫達は、フランスから来たんですって。
 私の猫じゃないけれど、私の家はここだから、
 毎日遊ぶのよ。」
 と、真向かいの白いお家を指差した。
 木の額に入った小さい絵が、
 何枚か白い壁にかかっているのが見えた。

他にも2匹猫が居て、その子達はオランダ生まれだと言うこと、
数日後に迫っていたキングズデーに、
近くの教会のマーケットに来たら良いよ、というようなことを
あの可愛い道の途中で話した。

その数日後の天気の良い日、おなじ道を歩いていると、
そこには赤いリンゴがころんと落ちていて、
2匹の鳥が一生懸命についばんでいた。
それを眺めていたら、
「猫達はいま、バケーションで、フランスに帰っているの。」
 と、あの女の人が後ろから言った。

「だから、今はこの道は小鳥達のものね。
 誰かがりんごをあげてくれたみたいだし。
 パラダイスだわ。」
「ほんとうですね。」
 そう言って、一緒に笑った。

お金じゃ買えないものって、きっとこういうことだ。

今日は雨ふりで、
でも雨ふりの緑もとても綺麗だから散歩に出かけると、
その女の人が自転車で通りかかって、
レインコート姿でハローと手を振ってくれた。
ちょっとお散歩に出かけて、
こうやって道で挨拶を交わせることが、とても素敵なことで
日々の暮らしを彩ってくれること。

それもこの街に来てからじんわり受け止められるようになった
ひとつのこと。
木や花の前で立ち止まって、季節の変化を眺めること。
挨拶と用件だけじゃないお話を、みんなとすること。
猫がどこからやってきて、名前はなんと言う。

毎日毎日、なんでもないことのように思えて、
気付けば思い出がどんどん増えていっている。


もうすぐユトレヒトに来て一年だなぁと思いながら、
どんどんお散歩は続いていく。この一年間は完全に、bonobosの午前の光に救われたな:-)))))

毎日毎日、川沿いを歩いて、できる限り森へ。
森に向かう途中の自転車の上で、スルスルと頭が柔らかくなっていく。思う存分好きな音楽を聴いて、チョコとかリンゴとか食べてね。


これはふうちゃん、ふて腐れているんだけど、こんな道でふて腐れるなんて羨ましい。笑

やっとやっと、待ちに待っていた春。(もう夏だけど記事描いてたのは初春。笑)
新緑、太陽光が運河にキラキラ、鴨の夫婦には12匹の赤ちゃん:-))))

春に咲くお花はなぜ黄色いお花が多いのか???
可愛い。
家の前に、桜の様な木があって、これも嬉しい。
やけに心が弾む:-))!!!春!!素敵:-))))!!!!!みんなともだち:-))))!!!!!!!

そして春と言えば、
ホワイトアスパラ ギャス!!!!!!!!!!!!


ほんと、ヨーロッパの春の恵みだと毎年わくわく:-)))
蒸してバターと塩こしょう。
なにものなんだ、この美味さは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんな春だからか、近頃は色に夢中です。
カラフルな絵に太陽が射す時の高まり:-)))))))



これは絵の具だけど、タンス。
わたしのタンス。Utrecht.


 I bought a hat today.


 between them.


出来上がった絵を一番に見せるのはもちろん愛娘のふうちゃん。
「どう?」と聞くと、
「かーいー:-)))」と笑顔が返ってくる。
でも、言わないときもあるから、きっとそれは駄作なんだろな。笑
 

可愛い日々です。
家に帰って来て、まず好きな音楽よりも、
小人達が歌うヨーデルをかけるってのも、なかなか悪くない。笑
森の中で小人達が楽器を弾きながら歌って踊ってる曲、
それにつられて私たちもスカートをお姫様みたいに持ち上げて踊るんだよ:-))))

でもちゃーんと、ビートルズをかければ、
「ビートルズズ、かっこいねー:-))))」
とも言ってくれます。
ズ 一個多いけど。笑

さてさて、こどものこと、きせつのこと、えのこと、ごはんのこと、
みーんなとても大事ですが、タトゥーのことも大事です!!!
ユトレヒトに来てからの作品を少し載せようかしら:-)))))


彼女には別のお家も昔彫ったから2軒目:-))))

お仕事は、いろいろ二転三転して、
5月からユトレヒトにあるタトゥースタジオで、
少しの間働くことにしましたよ:-)))))
女の子の彫師が7人のスタジオで、
私はこの街にずうっと住んでいた女の子達がどんなものを生み出すのか
とても気になる:-)))))

そしてこの可愛い、とても好きな街で、
通勤路、というか、お仕事へ向かういつもの道というものがあるのも、
すごくいい。
晴れだったり雨だったり大荷物だったりチャリンコだったり、
バチンと景色に合わさった曲を聴きながら歩いたり。
それだけでいい思い出が増えるというもの。


 



新しい物語のはじまりまじまり。

そして、いつまでもいつまでも、幸せに暮らしましたとさ。
と、なるようにがんばる:-)))))))))

Chavo

No comments:

Post a Comment